大起建設株式会社│長崎県│諫早市│小野島町│建設業│土木工事│舗装工事

 

ブログ

 

大起建設㈱blog

大起建設㈱blog
フォーム
 
1級土木施工管理技術検定[合格発表]
2017-01-28
 平成28年度 1級土木施工管理技術検定に【1名】合格しました。(H17.1.17発表)
 
資格を取得することにより、自己の成長、仕事への取り組みに有利になってきます。土木施工管理技士[監理技術者]という仕事は、下請負人を適切に指導、監督するという総合的な役割を担うため、これからも多くの業務経験を学び、より良い現場技術者として頑張って下さい。
 
*土木施工管理技士の仕事内容*
土木施工管理技士とは河川、道路、橋梁などの土木工事において施工計画を考えたり、現場で関わるさまざまな施工管理を行う技術者です。
施工計画とは、発注される工事での設計図書や現場調査に基づいた内容を決定し、施工方法や手順をまとめていきます。
実際に工事が開始されると作業工程、安全、品質、コストなどを管理し、責任を負う立場になります。
工事以外にも用地の確保や、官公庁等への手続き、書類整理、周辺住民への説明なども行い、ひとつの工事に関わる仕事の範囲はかなり幅広い内容と言えます。
大変な仕事ですが、工事が完成した時の達成感は他に代えがたいものがあるでしょう。
 
「1級と2級の違い」
違いとして大きいことは、1級は現場を指揮する「監理技術者」となることができます。2級は作業ごとの責任者である「主任技術者」になることができる点です。
 
「監理技術者とは」
元請負の特定建設業者が当該工事を施工するために締結した下請契約の請負代金総額が4,000万円以上(建築一式工事は6,000万円以上)になる場合に当該工事現場に専任で配置される、施工の技術上の管理をつかさどる技術者のことです。1級土木施工管理技士の場合、すべての土木工事において、主任技術者、監理技術者のどちらとしても業務に当たることができます。
また、建設業では公共工事の入札に参加する建設会社の企業規模や経営状況といった客観事項を数値化して行われる審査があります。この「経営事項審査」において、1級施工管理技士がいる会社には5点、2級施工管理技士がいる会社は2点が付与されます。点数が多いほど会社が受注を得る機会も増えるため、1級と2級ではこの審査においても会社への貢献度が違うことになります。
 
 
平成20年から平成28年までの1級土木施工管理技士試験結果(全国合計) 
 
学科
受験者数
学科
合格者数
学科
合格率
実地
受験者数
実地
合格者数
実地
合格率
平成20年 40,556 28,603 70.5% 37,593 9,743 25.9%
平成21年 34,900 17,762 50.9% 34,205 6,544 19.1%
平成22年 39,733 21,066 53.0% 30,864 5,720 18.5%
平成23年 34,241 13,959 40.8% 26,617 5,544 20.8%
平成24年 37,703 20,674 54.8% 27,675 9,585 34.6%
平成25年 32,639 19,568 60.0% 29,182 10,299 35.3%
平成26年 33,130 19,389 58.5% 28,010 11,064 39.5%
平成27年 35,810 19,551 54.6% 27,547 10,266 37.3%
平成28年 35,340 19,454 55.0% 27,846 10,219 36.7%

 
 
2017年仕事初め
2017-01-05
2017年
酉年のスタートです。
 
大起建設は、昨年も労働災害・交通事故ゼロで終えることが出来ました。
 
今年の目標
『全現場 事故・災害ゼロ』
 
社員一丸となって目標達成を目指し
災害やケガのない年が、大起建設の更なる成長・発展へと願い
これからも【D5S】を徹底し、安全第一で頑張っていきます!
 
十二支や干支の考え方では、酉のつく年は商売繁盛に繋がると言われます。
「運もお客も取り込める年」、飛躍の年となるよう社員一同頑張ります。
 
今年もよろしくお願いします。
 
 
2016年仕事納め
2016-12-28
2016年仕事納めです。
 
年末雨天の影響で、数箇所現場が遅れましたが、無事に仕事納めとなりました。
今年も夕方から恒例のバーベキューで盛り上がりました。
 
正月は今年ほどの積雪は予測されませんが、飲みすぎないよう、風邪をひかないよう体調管理に気をつけて、新しい2017年を迎えたいと思います。
 
年末年始休暇(12月29日~1月4日)
仕事始めは1月5日~
 
 
諫早農業高等学校 建設現場実習
2016-10-28
実施対象
 県立諫早農業高等学校 農業土木科 2年生
*目的*
 実践活動を通じて職場の実態を体験させ、農業土木に関連する知識・技術を総合的に学習させることにより、日常の学習への興味関心を喚起させると共に今後の進路選択にあたっての正しい職業観の育成を図る。
*対象*
 農業土木科2年生
*実施期間*
 平成28年10月17日(月)~19(水) 3日間
 を実施しました。
 
朝から本社での自己紹介と指導者紹介、お互いの挨拶から実習が始まります。
 
1日目
【現場見学】
・一般県道諫早外環状線道路改良工事(盛土工5)
 
現在、建設している諫早外環状線の現場を見学しました。
初めての現場経験ということもあり緊張していた生徒さんでしたが、新しい経験が出来たと思います。
 
2日目 
【現場見学】
・一般県道諫早外環状線道路改良工事(函渠工2)
【生コン工場見学】
・加藤産業㈱
 
現場は、初日に見学した盛土工の工事と同じ諫早外環状線
『函渠工』という大きな箱型のコンクリート構造物を建設している現場を見学です。
その後、コンクリートを製造している生コン工場の見学です。実際の製造工程や品質試験の内容など、工場の方より詳しく説明して頂きました。
 
3回目
・アスファルト工場および舗装現場見学
・ドローン操作体験
 
最終3日目は、当社プラント(長崎県央アスコン)でのアスファルト製造工程の見学、実際に現場へ行き迫力ある現場体験(路面切削状況)を体験しました。
 
本社ではドローンの操作体験をしました。
流行のドローンを操作できるということで、若い生徒は操作の覚えも早く、自由に飛ばしたり撮影を楽しんでました♪
 
3年生になり、進学や就職など沢山のことを考える時期になると思います。
この現場実習のことを少しでも役立ててもらえると嬉しいです。
 
諫早農業高等学校の生徒さん、お疲れ様でした。
 
ボランティア活動
2016-07-09
定期的に実施している『ボランティア活動-草刈り-』を行いました。
 
清掃区間の大里森山線(干拓の里駅~不知火橋区間 約2.8km)の車道と歩道を
社員及び作業員ら15人が参加し草刈り作業を実施しました。
 
支給されたばかりの『空調服』を着た社員は快適に♪、着てない社員は地面の草むしりで汗ダクになったりと、梅雨の真っ只中!ジメジメ&蒸し蒸しの中での作業を頑張ってました。
 
連日の梅雨で濡れた草は、なかなか上手く扱うことが難しく…集めるのに苦労しましたが、無事に作業を終えることが出来ました。
 
今後も定期的なボランティア活動を行い、地域に貢献できる企業として頑張りたいと思います。
 
総合建設業
大起建設株式会社
〒854-0031
長崎県諫早市小野島町1500番地
TEL.0957-22-6245
FAX.0957-24-4040
 
〒854-0513
長崎県雲仙市小浜町南本町7番地20
TEL.0957-76-0611
FAX.0957-76-0612
 
qrcode.png
http://daiki-kk.com/
モバイルサイトにアクセス!
007250
<<大起建設株式会社>> 〒854-0031 長崎県諫早市小野島町1500番地 TEL:0957-22-6245 FAX:0957-24-4040